HOME >> お宝物 >> 書籍 >> HERS 2016年4月号
                                              
HERS 2016年4月号


目次
  





やっぱり彼は大スター 大人もスヌーピー 

  私たち世代は、国内でグッズが初めて発売されたときに小学生。
  元祖スヌーピー世代でもあるんです。
  昨年が『ピーナッツ』生誕65周年だったとこもあり、ここのところ、
  スヌーピーは、展覧会やグッズ展、映画…と大盛り上がり。
  久々に、愛すべきあの大スターに、熱くなってみませんか?


私たちのスヌーピー愛、聞いてください!

 子供の頃、スヌーピーを知って、。
 「ビークル犬を飼いたかった!」と話す犬派の賀来さん。
  抱っこされている大小5匹は、いただいたり、最初のものを捨てて
  しまったので買い足したりしたものが混在。
  真ん中の帽子姿は珍しいシュタイフ製で、はんのりクリーム色。
  向かって左2つがファミリア。
  一番小さい子は、クタクタしてさわり心地がよく、右側はリュックと
  バンダナ付きで、毛足がカットされていて、色味もややベージュ系。
  どちらも可愛い友達です。
  初めて買ってもらった時の、赤いビニール袋に入れてあった時の、
  赤いビニール袋に入ってたスヌーピーの感じ、今でも忘れられま
  せん(すべてぬいぐるみは賀来さん私物)」


 「スヌーピーとの出会いは、小学校高学年の頃。
  友達がぬいぐるみを持っていて、たまらなく可愛く、
  羨ましくもあり(笑)、誕生日まで持って、やっと買って
  もらった記憶があります。
  一時落ち着いた時期もありますが、気持ちとしてずっと
  大好き。
  ここ数年、スヌーピーの催しがよく目につくので、
  ”年齢的に気恥ずかしいかナ?”と迷いつつ行ってみたら、
  大人のお客様の多さとグッズの豊富さにびっくり!
  トートバッグ、浮世絵風の便せん、サボテンまで、
  心ゆくまで買い込みました(笑)。
  コミックの『ピーナッツ』も好きですが、やっぱりあの仕草や
  表情の豊かさが、心にささるんです。
  今回連れてきた子たちは、ベッドルームや飾り棚に鎮座して、
  和ませてくれています。
  スヌーピーは、永遠に心をくすぐる友達みたいな感じで
  しょうか?
  ぐっとくるアイテムに出会うと、つい手が伸びている自分が
  いるんです」




ウィッグは、使えるファッションツールです!

 大阪タカシマヤ発
 賀来千香子さんの春は髪もファッションもちょっとよくばり

 今月は大阪タカシヤマから届いた軽やかな春スタイルの紹介です。
 賀来千香子さんの今の気分にぴったりなフォンテーヌウィッグと
 最新のファッションがイベントで実際にご覧いただけ、実際にお試し
 いただけます。



 
 





この改行は必要→
inserted by FC2 system